消費者金融の裏話

消費者金融の株価に影響を与える要因

消費者金融株は、景気が悪くなっても景気に影響される部分はあるのですが、
それよりも金融政策による影響は大きいと考えられます。

日銀の金融緩和が発表されたときに大きく上昇したのは消費者金融と不動産です。
その理由は金利の下落だと言えるでしょう。

金融政策によって国債の金利が下落し、
そしてそれによって企業の資金調達コストは大きく低下しました。
借入によって資金調達を行っている企業と言えば、
やはり金融関連と不動産と言うことになります。

どちらも銀行などから借り入れた資金を多く使っているわけですから、
金利が低下すれば資金調達コストが低下し、
収益は改善すると考えられて大きく買われたのです。

インフレになるまで

現在はインフレになるまで金融緩和を続けると言っているわけですから、
インフレになるまでは株価がの大きな下落はないとも考えられます。

ただ、すでに長期国債の金利は低下しきっていると言えるでしょう。
これ以上は低下させることができない状態になっていますから、
金融緩和を続ける事によってさらなる株価上昇が見込めるかどうかは難しいところです。

もしもインフレになった場合、金融緩和政策は打ち切られるか、
あるいは規模を縮小することになるでしょう。
そうなった場合には、消費者金融の株式は売られる可能性が高くなります。

検討されている規制緩和

もう一つ消費者金融の株価に影響する要因が規制です。
消費者金融に対しては貸金業法が影響を持ちます。
その中で、消費者金融に対する総量規制は非常に大きなものだと言えるでしょう。

この規制緩和の議論は現在のところもなされています。
景気対策の一環として規制緩和がなされれば、消費者金融株の上昇も期待できるでしょう。
消費者金融個別の業績なども要因としては重要ですが、
やはり金融政策と規制については常に注意しておくことが必要となってきます。
そのためには、現在のところ注目されている失業率や
消費者物価指数などを注視しておくことが必要となってくるでしょう。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融の裏話 ALL RIGHTS RESERVED.