消費者金融の裏話

サラ金地獄に陥りやすい人の特徴とは

多重債務に陥り、返済に苦しむことをサラ金地獄と言います。
では、このような状態に陥りやすい人というのは
どのようなタイプの人間なのでしょうか。

収入と支出のバランスが悪い

まず、基本的には収入と支出の計算がうまく出来ない人ということになります。
たとえば、その計算が出来る人であれば、毎月の給料が20万円だった場合、
その給料の半分である10万円の買い物は簡単にはしません。
というのは、半分も使ってしまったら、残り10万円で生活していかないと
いけないからです。

ところが、サラ金地獄に陥りやすい人は、20万円の収入があるのだから、
半分の10万円を使ってもまだ10万円残ると考えます。
そして10万円使ってしまい、残り10万円では足りないということに
気がついてお金を借りてしまうのです。

融資枠を計画的に使えていない

また、サラ金地獄に陥りやすい人の別の特徴としては、
融資枠を自分が自由に使えるお金と考えてしまうというものがあります。
融資枠とは、サラ金などの貸金業者と契約した時に設定される、
いくらまでお金を借りることが可能なのかという枠です。

サラ金地獄に陥る人は、もし融資枠が50万円だとしたら、
50万円は自分のお金として自由に使えると考えてしまいます。
確かにサラ金から借りたお金は自由に使うことが出来ますが、
あくまでも借金であり、あとで利息をつけて返済しないといけません。

そのことを考えずに借りられるだけ借りてしまうことで、
返済が出来なくなっていって、やがて、別の業者からお金を借りるという
多重債務に陥ってしまうのです。

消費者金融で枠を増額した経験がある

消費者金融での借入が増えていってサラ金地獄になる人の特徴として、
少し上記でも言ったのですが、枠の問題が関係しています。
通常消費者金融での借入は年収などにもよりますが、少ない融資枠が設定されます。
契約した融資枠の範囲内での利用で信用が付けば融資枠を増枠できたりします。
枠を増額するとその分使えるようになるので、ここで枠が増えたのでさらにお金を借りるか
必要なお金のみを使うのかで失敗するかしないかの特徴がでてきます。

お金で失敗するのは、使えるだけ使う人?

失敗する人は増額したらお金を借りてしまうタイプです。
どうして失敗してしまうかと言うと、もしも増枠する前の段階でギリギリ返済ができていたとすると、枠が増えたからといってお金を借りてしまうと、返済できるお金が足りなくなってしまいますよね?状況にもよりますが、ギリギリだった人の場合は増枠と合わせて収入が多くならないと返済がきつくなります。信用がついて枠が増えたはずなのに返済できなくなる可能性もあるわけです。

手遅れにならないうちに多重債務から脱出するには

多重債務も早い時期であれば、脱出できる手段があります。
それは巷でも良く聞かれるおまとめローンです。
かつては多重債務も4社、5社といった多くの会社から
借りることができてしまう時期もありました。
近年では大手業者は3社以上、つまり3社目となると自主規制を敷いていて、
そう簡単には借り入れできないといわれています。
もちろん借り入れ金額と収入のバランスに大きく左右されますが、
そもそも収入が多ければ1社あたりの借り入れ可能額もおのずと大きくなってくるわけで、
この自主規制も妥当だといえる部分もあります。

3社目でどうするかがポイントになる

例えば、3社目を考える時点でおまとめローンで1社に1本化してしまえれば、
かなり返済負担を軽くすることができるはずです。
おまとめローンは銀行のものが低金利でおすすめではありますが、
消費者金融の借入を1本化するとなると、審査の面で厳しくなってくる傾向にあります。

そういった意味では、消費者金融(サラ金)の多重債務から脱出するには、
3社目の段階で消費者金融のおまとめローンで1本化することが唯一の道といえます。
大手業者においてもほぼすべての業者においておまとめ専用の貸し付けが用意されていますから、まずは検討してみることをお勧めします。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融の裏話 ALL RIGHTS RESERVED.