消費者金融の裏話

ブラックリストとは

お金を借りたり、クレジットカードを申し込んだりする時に、
ブラックリストという言葉をよく聞きます。
このブラックリストとはどのようなものなのでしょうか。

実はこのブラックリストとは、個人の信用情報における事故情報の記載のことであり、
何もそのようなリストがあるわけではありません。
事故情報とは、たとえばお金を借り入れていて延滞したとか、
一定の期間内に債務整理を行ったといった情報で、
これがあるとキャッシングができにくかったり、
あるいはクレジットカードの審査に落ちたりすることがあります。

自分の情報に事故情報があるかどうか確認したい場合には、
信用情報機関に連絡すると、有料ですが閲覧ができます。
この信用情報機関は、銀行系やクレジット系など3つの種類があり、
ネット検索すると簡単にヒットします。

ブラックリストに載っていると信用度が落ちるので審査時にマイナスになる

では、ブラックリストに載っているのにお金を借り入れることはできるのでしょうか。
全く可能性がないとは言い切れませんが、銀行とか大手の消費者金融では難しいでしょう。
中小の消費者金融であれば、少額ですが融資を行ってくれる所もあります。

ただし、この場合はいわゆる闇金に注意が必要です。
闇金は金利も高く、取立てもしょっちゅう電話を掛けたり、
家や職場に押しかけてくることがあります。
また、これとは別のブラックリストも存在します。

申込みブラック?

こちらは、消費者金融でのキャッシング裏話ではありませんが、特に事故情報はないのに、
たとえばクレジットカードやキャッシング、ローンなどを
1度に何件も申し込んだ時に発生するものです。
金融機関では申し込みの情報は共有されますので、
同じ人がいくつもの会社に申し込みをしているのを見て、
よほどお金が無いのだろうから、融資した分を回収するのは
無理であると判断し、審査に落ちてしまうわけです。
事故情報もないのに、ブラックリスト同様に
審査に落ちてしまうわけですから、非常にもったいない話です。
このような事態を避けるためにも、申し込みはせめて1度に2件から3件にして、
審査に落ちた場合には、もう何か月か待ってみるのがいいでしょう。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融の裏話 ALL RIGHTS RESERVED.